活動報告

【保護者交流会】キックオフ座談会を開催しました

4月28日(土)に「知育ゲーム大会・保護者座談会」をきらめきプラザにて開催しました。病気を抱える子どもたちはみんなで知育ゲームを楽しみ、その間保護者の方には意見交換や今後の進学の相談などができる座談会を行いました。(一般財団法人 橋本財団の助成により開催いたしました)

続きを読む

病気の子どもたちの未来を考えるシンポジウム開催

病気を抱える子どもたちの未来を考えるシンポジウム(病弱児教育支援)

2018年2月25日に岡山大学鹿田キャンパスJホールにて、【病気の子どもたちの未来を考えるシンポジウム-長期療養の子どもたちに”生きる力”を】を開催しました。約200名の皆様に県内外からお越しいただき、教育・医療・福祉・当事者家族・行政などの様々な立場で情報共有や、病気を抱える子どもとご家族の支援策を一緒に考える機会となりました。

続きを読む

知育ゲーム交流会を開催しました

病気を抱える子どもたちとのゲーム交流会の風景(病弱児教育支援)

2月17日13時から、きらめきプラザにて29年度で最後となる特別授業「知育ゲーム交流会」を開催しました。

午前中に学習支援ボランティア向けのフォローアップ研修で、言葉だけでなく視覚を使いながら分かりやすいルール説明などの方法を学んだボランティアが、子どもたちと一緒に知育ゲームで交流しました。

 

病気を抱える子ども(病弱児)の学習・復学支援を行うポケットサポート

新規ボランティア説明会を開催しました

平成29年11月25日に事務所にて新規ボランティア説明会を開催しました。午前と午後の2日程で開催し、合計で12名の大学生が参加しました。医療や福祉、教育を学ぶ大学生の皆さんで、将来は教師や養護教員、看護師、栄養士などを目指している学生さんが中心です。今後、ポケットスペースで少しずつ活躍してくれることを期待しています。

※今回の新規ボランティア説明会・初回研修はタケダ・ウェルビーイング・プログラム2016の助成によりガイドライン制作及び開催いたしました。

アートコレクション2017を開催しました

9月30日(土)にゆうあいセンター研修室において「ポケサポ・アートコレクション2017」を開催しました。ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

今回のイベントは平成29年度岡山市市民協働推進モデル事業および公益財団法人 福武教育文化振興財団の助成により実施いたしました。

続きを読む