病気の子どもたちの未来を考えるシンポジウム開催

病気を抱える子どもたちの未来を考えるシンポジウム(病弱児教育支援)

2018年2月25日に岡山大学鹿田キャンパスJホールにて、【病気の子どもたちの未来を考えるシンポジウム-長期療養の子どもたちに”生きる力”を】を開催しました。約200名の皆様に県内外からお越しいただき、教育・医療・福祉・当事者家族・行政などの様々な立場で情報共有や、病気を抱える子どもとご家族の支援策を一緒に考える機会となりました。

続きを読む

知育ゲーム交流会を開催しました

病気を抱える子どもたちとのゲーム交流会の風景(病弱児教育支援)

2月17日13時から、きらめきプラザにて29年度で最後となる特別授業「知育ゲーム交流会」を開催しました。

午前中に学習支援ボランティア向けのフォローアップ研修で、言葉だけでなく視覚を使いながら分かりやすいルール説明などの方法を学んだボランティアが、子どもたちと一緒に知育ゲームで交流しました。

 

病気を抱える子ども(病弱児)の学習・復学支援を行うポケットサポート