【お知らせ】新監事就任のお知らせ

新着情報

認定特定非営利活動法人ポケットサポートは、2022年3月開催の理事会を経て、弁護士の池田 千明 氏を新監事として迎えることが決定いたしました。

池田氏には、これまでの豊富な知見を活かして客観的な視点で、ポケットサポートの財産状況及び理事の業務執行の状況を監査していただきます。

ポケットサポートは令和7年(2025)に設立10周年を迎えます。引き続き、病気を抱えながら勉強にも治療にも前向きに取り組む子どもたちに、一人でも多く支援を届けるべく、日々の活動に取り組んでまいります。

前任者からのご挨拶

【時には昔の話を】

代表理事の三好さんに初めて出会ったのは平成24年(2012年)でした。

任意団体としてポケットサポートをスタートさせたばかりだった当時の彼に、NPO支援組織で働いていた当時の私は、NPO法人になることを随分勧め、色々語り合いました。お互い、若かったですね(笑)

ポケサポはその後、平成27年(2015年)にNPO法人になり、活躍の場を広げると共に地域社会での認知が進みます。県内外の賞をいくつも受けるようになり、平成30年(2018年)には認定NPO法人になります。

すごいところまで登っていったなあ!と、私は活躍を眩しく見上げていました。

そんなある日、三好さんから「監事として手を貸してもらいたい」と突然オファーをいただきます。驚きましたが、かつて彼の背中を押した者として何かあれば手伝うつもりでいたので、拝命致しました。平成31年春のことです。以来3期に渡って、微力ながらお手伝いをしてきました。

コロナ禍での大変難しい運営をこなすこの2年間で、関係者の誰もがポケサポの存在意義を改めて捉え直し、思いを新たにしたことと思います。

次のステージへ進もうとするここを頃合いとさせていただき、皆様のより一層の活躍を願いつつ、これからのポケサポを支える方へバトンをお渡ししたいと思います。

ご一緒できて光栄でした。ありがとうございました。

令和4年3月  森髙 寛行

新監事からの就任ご挨拶

皆様はじめまして。新しく監事に就任します弁護士の池田千明と申します。

私は2007年に弁護士登録し、弁護士会への子どもの電話相談事業、虐待された子どもの自立支援等々子どもの権利に関する活動をしてきました。また、普段の業務では、企業からの相談を受けたり、社外取締役として取締役会で意見を言うことなどもしています。

これらの経験を活かして、ポケットサポートでの理事の業務執行状況や、財産状況を監査してまいります。病気があっても自分の思うように勉強ができる環境作りを、微力ながら応援しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

令和4年4月  池田 千明

タイトルとURLをコピーしました