【お知らせ】ハチドリ電力を通じた寄付者の皆様へ

ご要望・改善報告

いつもハチドリ電力を通じて毎月支払う電気代の1%を、病気を抱える子どもたちの支援活動のためにポケットサポートへご寄付いただきありがとうございます。改めて感謝を申し上げます。

今回はハチドリ電力を通じた寄付者(Aさん)から当団体へ貴重なご意見をいただきましたので、皆様にも大切なお知らせとしてお伝えいたします。

「地球温暖化を解決するために自然エネルギー電力にしたい」

「病気を抱える子どもたちにも笑顔になってほしい」

そんな思いでハチドリ電力に切り替えていただいた皆様に、ご負担をおかけしていないか当団体としても心配しているところです。その不安を少しでも解消できればと思い、ハチドリ電力の方にも下記の内容に間違いがないことを事前確認しておりますので、最後までご覧ください。

ハチドリ電力の「固定プラン」について

ハチドリ電力は「固定プラン」という、電力市場価格に関わらず単価を固定で設定し、当月の電力使用量と掛け合わせて電気料金を算出する料金体系を採用しています。現在、様々な報道で電力市場価格の高騰が起こっていると言われていますが、市場価格が高騰しても「ハチドリ電力」ご契約者の電気料金には全く影響はありません。

ハチドリ電力ホームページより引用(https://hachidori-denryoku.jp/simulations/

例年(前年同月)より電気料金が高いのはどうして?

ハチドリ電力は太陽光発電を中心に風力発電など「自然エネルギー」で発電を行っています。市場価格の高騰は影響しないのに、どうしてハチドリ電力にしたら電気料金が高くなっているの?という疑問がでてきた方は『電力使用量』を比較してみてください。

電力使用量の計測は一般送配電事業者の管轄であり、電力会社による違いはございません。

また、普段どおりの電力使用(暖房器具の使用時間等)だったとしても、外気温との差が大きければ大きいほど電力使用量は上がってしまいます。そのため、最も外気温が低い1月の使用量が上がってしまっているご家庭も多いのではないでしょうか。

また、どの時間帯にどのぐらい電力を使用されたかという情報もハチドリ電力で保存されているので、もしご覧になりたい場合はハチドリ電力さんに問い合わせをお願いします。

その他に電気料金が高くなる要因はあるの?

一般的な電気料金は、次のような計算式となっており、ご契約の電力会社各社の基本料金やプランによって様々です。

基本料金(最低料金) + 電力量料金 ± 燃料費調整額 + 再生可能エネルギー発電促進賦課金

それぞれの電力会社がいろんなプランを打ち出しており、例えば基本料金が0円のプランもあります。

そのような格安プランでご契約されていた場合はハチドリ電力に切り替えることで、料金が高くなっている事例もありますが、ハチドリ電力のプランは大手電力会社の従来プランより少し安いプランとなっておりますので、電力使用量が増えたことによる電気料金の増加が主な要因になっています。

従来プラン以外のお客さまは価格メリットが出ない場合もございます。
対象プラン一覧はこちらをご覧ください。

https://hachidori-denryoku.jp/simulations/

もう少し詳しく料金設定について知りたい場合は?

ハチドリ電力のホームページにて「よくある質問」ページをご覧いただくか、公式ホームページに記載のお問い合わせ方法にてご連絡をお願いします。

※個人情報が含まれるためポケットサポートにお問い合わせいただいても、適切に回答できない場合や電力使用量などを確認することができません。

お客様サポート|ハチドリ電力
ハチドリ電力お客様サポートセンターです。ハチドリ電力に申し込みを検討している方も、すでに契約中の方もこちらよりお問い合わせください。LINEやお電話050-3649-4828でのご相談も承ります。
タイトルとURLをコピーしました