日本外来小児科学会春季カンファレンスに登壇しました

病気の子どもたちの学習支援を行うポケットサポート

2018年4月8日に東京国際フォーラムで開催された
日本外来小児科学会春季カンファレンスに代表の三好が登壇いたしました。

小児科外来や地域で開業していらっしゃる小児科の先生方に対し
病気の子どもたちの入院してから退院後の思い
そして「患児」から「患者」に意向していくために外来通院の際に大切なことなど
当事者から支援者となった三好の立場からお話をさせていただきました。

質疑応答では、子どもが復学していくときに医療者はどのような関わりができるか
学習支援をする場合に連携をする際気をつけることなど盛んに質問がなされました。

 

会頭の黒木春郎先生 (医療法人社団嗣業の会 外房こどもクリニック)
座長の三平元先生 (ひがしまつど小児科)
原木真名 先生(まなこどもクリニック)
シンポジストの先生方、お話いただいた小児科の先生方、大変お世話になりました。

SNSでもご購読できます。