ポケットサポートは2周年を迎えました

本日11月11日はポケットサポート設立記念日です。
ポケサポは、多くの人たちに支えられ2歳になりました。
振り返ってみると「人」に恵まれたこの2年でした。
思い返せば、子どもたち、ご家族、スタッフ、ボランティア、関係者の方や、支えてくれているすべての人たち。
みんなに感謝しています。

ポケサポの活動は「病気の子どもたちの『理解者』を育てる活動」だと感じます。2年経ち、スタッフやボランティアが増え、活動を通じ理解者が増え、関係者も多くなってきました。

最近出会った子の中で、数ヶ月の入院でルートの計算だけがわからなかった中学生がいました。一緒に過ごして、笑いながら勉強して「わかった。そういうことだったんか。わかったら面白いね。」と得意げな表情で満面の笑顔を見せてくれました。

これからも活動を通して、目の前の子どもはもちろん、多くの病気による困難を抱えた子どもたちの学ぶ権利を保障し安心して笑顔で過ごせる地域・社会を目指し進んでいきます。

3年目は、岡山市との協働事業で新たな病院での支援活動の開始、講演会やシンポジウムを始めとする啓発活動、さまざまな助成団体や行政とも協働し事業を行っていきます。病弱者が活躍してくれる場も作り始めています。NPOらしい自由な発想をもって、一方で常に活動の意義を見つめ直しながら、進んでいきたいと思っています。

これから、ますます多くの方たちと、子どもたちの未来のためいろんな事業にチャレンジしていく
「NPO法人ポケットサポート」をどうぞよろしくお願いいたします。

代表理事 三好祐也

SNSでもご購読できます。